若者レポーターが農村地域の魅力を発信中。若者たちのみずみずしい感性で書かれた記事をチェック!
TUNAGU特派員

栃木県の農村(中山間地域)は、美しい農村風景や貴重な地域資源に恵まれています。一方で、高齢化や人口減少、獣害の拡大、遊休農地の増加などの問題も抱えています。

豊かで美しい農村を未来につなげていくために、地域の方々と一緒に活動してくれるボランティアの力が必要です。自らの経験やスキルを活かして地域の情報発信や運営サポートなどに御協力いただく、TUNAGU特派員をご紹介します。

TUNAGU特派員のご紹介

令和5年度TUNAGU特派員として、以下の2名をTUNAGU特派員として委嘱いたしました。

ライターネーム 初心を忘れ脱線しがちな初心者

1972年広島生まれ、現在は東京在住の会社員です。以前から中山間地域や里山での活動に興味があったところ、FacebookにてTUNAGUを知り2022年から参加しています。

日ごろの会社員生活ではなかなかできない土の上で体を動かすことはもちろん、行き帰りで小さな旅ができることや道の駅の直売所での買い物も楽しみながら、先輩方のご指導の下ゆるやかにやっています。これからもとちぎの農村をさらに探求していきたいです。

ライターネーム nenowa

こんにちは!nenowaです!人と自然を結ぶ架け橋となり、地域団体のリポートや活動サポートに尽力してまいります。とちぎ県の農村や里山、中山間地域の魅力をわかりやすく伝え、地域団体のイベントなどを皆様にご紹介してまいります。自然も人も共に豊かになる取り組みにたくさんの人が繋がってくれます様に。

TUNAGU特派員とは?

ボランティアとして中山間地域で活動する地域団体と連携して、主に地域の魅力や情報の発信や、地域団体の活動の企画、運営サポートを行っていただく方です。

スキルや経験を活かして貢献!
主な役割1

地域団体を取材し自身のSNSやTUNAGU上で情報発信する

主な役割2

地域団体の活動やイベントの企画、運営をサポートする

詳細は、「TUNAGU特派員」に関する実施要領 をご確認ください。

対象者の要件

以下、2つの要件を満たしている必要があります。
(1)TUNAGU会員である者(申請中を含む)
(2)栃木県内の地域団体と協働して中山間地域を盛り上げる意向があり、自身の専門性やスキルを活かして主体的に地域活  動の企画や運営、情報発信などに携わることができる者

委嘱について

応募のあった方から対象者の要件に基づき、選定を行ったのち、農村振興課長が委嘱します。
期間は、委嘱の日から当該年度の2月末日までとします。